こんにちは。柴田です。

私たちの体は、朝に光を浴びると「交感神経」の働きが活発になり、日が落ち暗くなると「副交感神経」

が活発になることはもう皆さんご存知ですよねぴかぴか (新しい)

なので、夜、家に帰ってきていつまでも部屋が明るいと「副交感神経」の活動は高まりにくく、なかなか

緊張が取れない状態に・・・。すると、眠れなかったり、すぐに目が覚めたりといった睡眠トラブルを引

き起こしやすくなると言われています。

1日をゆったりと終えるくつろぎの時間・・・脳を休めるためにも、間接照明の中で過ごされてみては

いかがでしょうか?

天井や壁を明るく照らした柔らかな光ですひらめき 不眠気味の方は、是非、試してみてくださいねウィンク

パナソニック <くつろぎのあかり>