柴田です。

先日、家具の専門店にて椅子&ソファを眺めてきましたわーい (嬉しい顔)

北欧家具が多く、椅子工学に精通している店主さんにお話を伺いながら…

いくつかの椅子の座り心地を確かめていると、

「その座り方では椅子の良さがわからないですよ」

と指摘されてしまいました。

椅子は、座面の奥ぎりぎりまでお尻をねじ込ませるぐらい、しっかりと深く座ってこそ、

その椅子の素晴らしさがわかるんです!とも。

「非常に大切なことなのに、残念ながら、誰も教えてくれる人がいないんですよね~」と

嘆いていらっしゃいました。

確かに、私自身、あまりにも深く座るのはむしろお行儀ルールに違反するのでは?と感じ

ていたぐらいです。

 

その後、またまた店内の椅子の座り心地を試したら…「あ!違うー!」とびっくり。

ぴたっと背面にフィットし、座面の硬さがちょうどいいのです。

椅子に深く座ることで、背骨の負担にもならないし、腰痛にもなりにくいようです。

本来の椅子の良さを理解するためにも、椅子には深く座りましょう~わーい (嬉しい顔)

 

椅子