氏家工務店 – 新築・リフォーム・木造在来工法・福島県・福島市 レンタルボックス – はんどめいどレンタルボックスりら

福島市伏拝 S様

2階を増築して、息子さん御家族の生活スペースに。

福島市伏拝 S様S様は、新築時からのお付き合いで、息子さんご家族と同居されている3世帯住宅です。今回は、その息子さんご家族のための増築でお世話になりました。

リフォームのきっかけは、お子さん達の成長に伴い、机を置く場所の確保や、生活スペースを広くしたいということでした。今までは1階で生活していたのですが、2階を増築して、その部分を息子さんご家族でつかえるようにしたいということでした。リフォームする上で一番こだわったことは、「常に物が出ている状態だったので、収納がたくさん欲しかった。それから、リビングにソファやテーブルを置いた生活が希望でした」とおっしゃっていました。

福島市伏拝 S様今までは一部屋で生活していたので、夜、寝たお子さんが起きないように電気をつけず、暗い部屋でテレビを観ていらしたそうです。

増築でリビングスペースもできるものの、元々、S様は間仕切りをしないで一部屋として使うオープンスペースを望んでいらっしゃいました。けれども、夜だけは「寝室とリビングを仕切られたら・・・」と思っていらしたようです。そこで、フルオープンできる間仕切扉をお勧めしたところ、一部屋にも二部屋にも自在にできることを知っていただき、とても喜んでいただきました。

夜は安心して明るい部屋でテレビを観られるようになり、プライベートな時間を持てるようになったとお聞きし、私達も嬉しく思います。2階なので、窓を開けっぱなしにできるのでとても開放感があり「夏の夜に窓を開けて寝ていると、星が見えるのがいいです!」と嬉しそうに話していただきました。

住んでいただきながらの改装でしたので、いろいろとご不便をお掛けいたしました。S様には「思っていたよりも工期が早くでき、助かりました」と喜んでいただき、「私たちよりも大工さん達のほうが暑くて大変だったのでは?改装中は、大工さん達が帰ってから、どこまでできたか見に行くのがとっても楽しみでした。その時でさえ、現場はものすごく暑かったもので・・・」と心配していただいていたようです。有難いことです。

福島市伏拝 S様S様にとって「家」とはなんですか?とお聞きしたら、「やすらぎです。仕事が忙しくて遅くなった時など、そろそろ帰りたいと願うやすらぎの場所です」と御主人。

これからリフォームする方にアドバイスをお願いしたところ、「はじめに、家具の置き場所を考えておかれたほうがいいと思います。それと、自分の希望も大事だけれど、プロの方にアドバイスをしてもらったほうが、自分の思っていたものよりも良いものができると思いました」とおっしゃっていただきました。ありがとうございました。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 024-545-5555 定休日: 水曜日
営業時間: 平日 9:00~18:00
(土)10:00~18:00 (日)予約の方のみ

PAGETOP
Copyright © 株式会社氏家 All Rights Reserved.