氏家工務店 – 新築・リフォーム・木造在来工法・福島県・福島市 レンタルボックス – はんどめいどレンタルボックスりら

福島市渡利 S様

人が大勢集まる家です。パーティーには一芸持って!

福島市渡利 S様築25年建つとは思えない瀟洒な洋風外観のS様邸。家の前には見事な紅葉の木々の緑が白い壁に映えてとっても素敵です。新築時からのお付き合いで、H14年には洗面所と1階トイレ、H15年に玄関ホールと外壁塗装、そしてH21年,今回取材のLDK改装をさせていただきました。先月は2階のトイレも改装させていただいたところです。

今回のリフォームのきっかけは、家族が増えたことが大きな理由ということで、「家族みんなで食事できることが一番大事でした」とご主人。 奥様は、収納面の充実を希望されていたようです。
というのも、S様邸では、よくパーティーを開かれていて、大勢のお客様が集まるそうです。

福島市渡利 S様つい先日も「一人一芸披露で、パーティーをしたところです!」とおしゃっていらして、楽しそうな写真を見せていただきました。20名以上は集まったそうです。

S様邸には、留学生も滞在しています。子どもさんの家族も帰ってきて、皆で食卓を囲む広さのダイニングルームが希望でした。

 

 

福島市渡利 S様ご友人もよく遊びに来るそうで、「とにかく人寄せが多いので、大きな食器がたくさんあり、収納ももっと欲しい」ということでした。そんなことから、ダイニングルームを広げ、(ダイニングテーブルも弊社の大工が作りました)最新キッチンを入れて照明器具の取り付け、LDKのクロス張替え、ミニ書斎コーナー設置等の工事をさせていただきました。

完成した時の印象として、奥様は「キッチンからダイニングへの動線がとてもラクになりました。キッチンとダイニングがオープンになったことで、気持ち的にも開放感があり、友人も沢山来るようになりました」と喜んでいらっしゃいました。重厚感あふれるダークブラウンで統一されたLDKに、ペールピンクのキッチンがとてもエレガントな雰囲気です。ダイニングの横には、ご主人専用(?)のミニ書斎コーナーを設け、とても使い勝手がよさそうです。

S様にとって「家」とはなんですか?と御主人に尋ねたところ、「子どもにとっては『ふるさと』です。それを大事にしたかったので、子どもが小学生の頃、無理をして新築をしたんですよ。」と感慨深げにおっしゃっていました。 お子さんが家を出て、新たな家庭を持っても尚、家族で帰省して来る『ふるさと』でのひと時を大事にしているS様の想いがとても伝わってきました。 そんな大切な『ふるさと』を、弊社で建てさせていただいたことにとても嬉しく感じました。本当に有難いことです。

福島市渡利 S様ご主人は、「最近、老後のことを考えるようになりました。部屋が多くては掃除が大変だし、2階部分をなくしても、1階には和室が1部屋しかないので寂しいし・・・。」とお話しされていました。次回は是非、「減築」についてご相談をさせていただければと思っております。

これからリフォームする方に何かアドバイスを!とお願いしたところ、「信頼できるところが一番です!」と力強くおっしゃっていただきました。「安心して任せているので、何も言う事はないのですが・・・ 変わらずに元気でやっていってくださいね!」とご主人。ありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 024-545-5555 定休日: 水曜日
営業時間: 平日 9:00~18:00
(土)10:00~18:00 (日)予約の方のみ

PAGETOP
Copyright © 株式会社氏家 All Rights Reserved.